風通しが長持ちの秘訣

ブログ

風通しが長持ちの秘訣

投稿日2015.11.25

湿気はマズイです
基礎の湿気はシロアリが繁殖しますし
壁の湿気は カビなどによる健康被害が起きたりします
湿気るということと濡れるということは違います
 昔からある神社仏閣は100年も保っているように木は濡れたぐらいで腐りません
濡れた状態が続く(≒湿気る)が悪い状態なのです
だから今どきの家は 『通気工法』
外の壁と柱の間に
空気が流れ湿気を留めないようにしています
イメージ 1
空気層といいますが わずか15mm程度なのに
換気や 断熱に大活躍します
これは長期優良住宅をつくる発想から出来たやり方です
100年も保って欲しいとは思いませんが(笑)
むしろ健康住宅には必要かもしれません

過去の記事を読む

気になった人はとりあえず、お気軽にお問い合わせ お電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ