=断熱性能=

ブログ

=断熱性能=

投稿日2023.12.08

家によく使われる断熱材の熱伝導率です

 

吹付硬質ウレタンフォーム(現場発泡品)      0.026

石膏ボード           0.22

合板                                       0.16

セルロースファイバー                0.040〜0.038

乾燥木材(18〜25℃)                     0.2(0.15〜0.25)

住宅用ロックウール断熱材      0.038

グラスウール24K                0.038

高性能グラスウール24K             0.036

土壁                       0.69

単位W/mk

 

土壁はひと桁ちがいます 我が家が寒いはずです

断熱性能を上げるコツは 熱伝導率と気密です

熱伝導率の低いものを使うことと 隙間風を入れないことです

もし私がもう一度 家を建てるなら その辺は必ずチェックします

 

断熱材施工後に気密測定を行いますが

隙間が多かった場合 その場で改善できるのは 吹付硬質ウレタンフォームだけです

その場で改善できると 悪気のない作業ミスまで改善できます

機械の数値でわかるので 良い悪いがはっきりします

 

他の断熱材では気密テストをしていません

断熱工事が一度に完成しないので できるのは完成してからとなります

つまりあとで治せません

 

気密テストは 長期優良住宅でも検査項目に入っておらず

施工の良し悪しにかかわらず 断熱性能はを熱伝導率で判定します

隙間をつぶす作業は たいへんで皆さん頑張っていますが

テストをはしていないところが多いようです

 

寒くなると暖かい家が欲しくなります

いい家を建ててください

 

Happy♪

 

 

ココロを一つに。家語をはじめましょう。

NANDEMO相談会
(お問い合わせをクリック!)

#欲しい家の間取りとその金額がわかる
#土地探しから一級建築士と共に検討できる

#地震に強く暖かく安心で健康な家が手に入る

#住宅ローンの心配が消える #いろんな要望が言える

#お子様連れもOK! #リモートも対応できる

#なにか人と違う好みのある方歓迎

#あなたに本当に必要なものは何だろう?

#暖かい家と接客 #アフターメンテも
#西条市 #新築 #リフォーム

 

過去の記事を読む

次の展示会は?

展示会

日程7月20日.21日

line Instagram YouTube
気になった人はとりあえず、お気軽にお問い合わせ お電話でお問い合わせ フォームでご予約・お問い合わせ