60年保証の落とし穴

ブログ

60年保証の落とし穴

投稿日2021.01.15

もちろん保証は長い方がよい

無料なら・・・

 

昔からある10年保証とは違います

この10年保証は瑕疵担保責任といって

雨漏りや構造の欠陥について10年間責任を持つということです

これはサービスではなくて義務です

法律で決められた建築業者の義務なので 無償です

 

ところが60年保証は有料です

ふと無償のように錯覚せさますが

気をつけておくべくところです

10年ごとの検査と有償工事をした上での保証です

イニシャルコストもランニングコストもかかります

そのあたりも見極めて判断しましょう

 

わたしは有料の保証よりも

定期点検やアフターメンテの充実した会社のほうがよいと思います

そして入るなら 水廻りの10年保証でしょうか

いろいろ提案します!気軽にどうぞ
=日常の景色を変えよう
       NANDEMO相談会
    洗濯動線の良い便利な間取りが手に入ります!
  〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
  〇   HAPPYな家を                             
  〇『豊かな間取り』でつくる工務店
  〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

download#きごころや こちらも更新中

過去の記事を読む

気になった人はとりあえず、お気軽にお問い合わせ お電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ